ケフィール 〜本場ロシアのケフィアをあなたに〜
安食舎

牛乳の選び方


ケフィア商品の一覧
ケフィアお買物カートの中

「ケフィア」をつくる時の牛乳の選び方

「ケフィア」をつくる時の牛乳の選び方牛乳パッケージには、必ず種類別名称を表示するように定められています。ケフィアをつくるための牛乳選びには、この種類別名称をご参考にしてください。


ケフィアをつくるには、ごく普通の牛乳(種類別名称が牛乳で、低温殺菌ではない牛乳)が一番適しています。


低温殺菌牛乳は菌が残っている場合があるため、うまく固まらない場合がほとんどです。上面に乳清が多めにでき、どろどろっとした出来上がりになります。一度煮沸して、30℃以下に冷ましてからお作りいただければ、発酵し固まります。



ごく普通の一般的な牛乳(種類別名称が牛乳)が一番適しています。

種類別名称 相性 殺菌法 牛乳の説明 備考
牛乳
120〜130℃で2〜3秒 一般的な牛乳。乳脂肪分3.0%以上。 最も適している。風味が良い。固まり具合も良い。
牛乳
(常温保存牛乳)
150℃で2秒 90日間保存可能。 味がまったりする。固めの仕上がり。
低脂肪牛乳
120〜130℃で2〜3秒 乳脂肪分0.5%以上1.5%未満。 カロリーを気にされている方向き。固まり具合がやや柔らかい。
無脂肪牛乳
120〜130℃で2〜3秒 乳脂肪分0.5%未満。 ダイエットに最適。固まり具合がやや柔らかく、やや酸っぱくなる。
加工乳
120〜130℃で2〜3秒 バターや脱脂粉乳、クリーム等乳製品を加えた牛乳。 よく固まる。低脂肪、無脂肪のものもあるが、固まり具合は柔らかめ。
乳飲料
×
120〜130℃で2〜3秒 カルシウム、鉄分、果汁、コーヒー等を添加した牛乳。 水分が分離したり、固まりが細かく分かれたりして、ケフィアはできません。